任意保険選びのポイント

人や物を傷つけたときのために

任意保険というのは、その名の通り加入するのかどうかは任意です。ただ万が一事故を起こした、または巻き込まれた際には実費になってしまうため、できるだけ加入するようにしておきたいです。ところがいざ任意保険に入ろうと思っても、どれが良いのかわからないという人は少なくありません。そこでまず見ておくと良いのが、対人と対物賠償責任保険です。これは人や物に対して、傷つけた場合に備えるための保険のことで、よほどの理由がない限りはどちらにも加入しておくべきでしょう。理由は人をはねたときはもちろんですが、コンビニなどに車で突っ込んだ場合、数億円の損害賠償をしなければならないケースがあるからです。そのため補償金額は「無制限」に設定しておくと安心です。

慎重に考えておくと良い保険

対人対物の賠償責任保険の他に、搭乗者傷害保険と呼ばれるものがあります。中には運転手が対象になっていることがありますが、基本的には助手席に乗っている人が怪我をしたときに備えるものだと考えておきましょう。そのため滅多に自分の車には人を乗せない人は、無理して加入する必要はありません。また自損事故保険があるのですが、こちらはいわゆる「単独事故」を想定しています。念のために加入しても構いませんが、運転に自信があるのなら、こちらも加入の必要性はあまり高くないです。最後に、無保険車傷害保険は多少支払い金額が高くなっても、入るようにしておきたいです。相手が任意保険に加入していない場合、泣き寝入りになることが多いです。ところが無保険車傷害保険があれば、治療費などが支払われるのです。