自賠責保険とは?

自賠責保険はどんなものか

自賠責保険は、車やバイクを購入した際に、必ず加入しなければならない保険の事です。そして自賠責保険を入っていれば安心か、と言うとそうでもありません。実は、自賠責保険は人のみの補償しか適応ではない為、万が一事故を起こした場合は、相手や自分の車、建物などの補償はされません。また、補償の対象となる人も、運転手や運行供用者以外の方と限られているので、注意が必要です。

そして自賠責保険にも有効期限があります。もし、期限が過ぎている状態で走行してしまうと、車検が通らない場合や、違反の対象となってしまいます。しかし、大体は車検と一緒に自賠責保険の更新もされる事や、通知のはがきで知る事が出来るので、いつの間にか期限が切れていた、なんて事はあまりないのではないでしょうか。

どのくらいの費用がかかるのか

自賠責保険はどのくらい費用がかかるの、と不安になる方も多いのではないでしょうか。乗り物の大きさや種類、契約期間によっても異なります。大型の車を乗るのであれば、それなりにするかもしれませんが、普通乗用車で一年契約でも、二万くらい予算があれば十分です。分割で支払う事も可能ですが、保険料が安い場合は、分割で払うと手数料や利息などで高くついてしまう事もあるので、自動車を購入した時に一括で払っていた方が安く済みます。 そして自賠責保険は自動車を乗る為の最低限の保険です。車やバイクの購入時には、自賠責保険の他に、事故を起こした場合に自分自身や対象の車や建物を補償してくれる任意保険も入る事で、安心して運転できるのではないでしょうか。