自賠責保険の入り方

自賠責保険の必要性とは

自動車を購入する際には、自賠責保険に加入することが必要になります。この自賠責保険というのは、万が一、事故を起こして他人に怪我をさせてしまった場合に、その損害を補填するために制度です。任意保険しか存在しなければ、不慮の事故にあった上に、大怪我をしても加害者が無資力であれば、泣き寝入りしなければならなくなる恐れがあります。自賠責保険は、そのような事態を回避するために社会のセーフハーバーとして加入が義務付けられているというわけです。なお、自賠責保険の対象となるには、あくまでも対人事故に限られるため、それに加えて対物事故もカバーしたいということであれば、任意保険に加入する必要があるという点に注意が必要です。

自賠責保険の加入方法とは

自賠責保険の加入手続きは、自動車購入時に販売店で行うことができます。申込書などを全て販売店側で用意してもらえるはずですので、必要情報を記入して、自動車の購入代金と合わせて保険料を支払うだけです。また、車検時にも同様に案内してもらえますので、基本的にはそれに従って手続きを行えば良いでしょう。一方、バイクのように必ずしも車検が必須とされていない場合には、自分で申し込み手続きを行わなければなりません。損害保険会社の窓口で簡単に手続きができるようになっていますので、近所に代理店があれば、そこに行けば良いでしょう。インターネットでも手続きできるケースが多いため、面倒であればオンラインで済ませてしまうという方法もあります。