自賠責保険に加入していないとどうなる?

即座に免許停止となるなど罰則が多い

自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、車を運転する人は必ず加入することが法律で決まっています。そのため、加入していないことが発覚した時点で交通違反扱いとなり、6点の違反点数が加算されます。6点の違反は免許停止となるので、保険未加入が発覚したら即座に運転ができなくなると言えるでしょう。また、違反点数の加算以外に1年以下の懲役か50万円以下の罰金となります。事故の有無は関係ないので、自賠責保険に加入していない状態では運転をしないのが賢明と言えるでしょう。また、自賠責保険に加入している場合でも証明書を車内に置かないと30万円以下の罰金になります。事故を起こした時は自賠責保険に加入していることをすぐに証明する必要があるためです。

任意保険では自賠責保険部分の補償ができない

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。任意保険に加入すれば自賠責保険は不要と思えるかもしれませんが、任意保険は自賠責保険では足りない分を補償するのが目的です。あくまでも自賠責保険による補償を先に行い、それでも不足しているなら任意保険で賄うという考え方なので、任意保険だけで補償を行うことはできません。自賠責保険に未加入の状態で事故を起こしても任意保険が適用されず、損害のすべてを自己負担で補償する事態に陥ってしまいます。交通事故の補償金は膨大な金額であり、場合によっては億単位に至ることも珍しくありません。金銭トラブルに見舞われないためにも、自賠責保険には必ず加入しなければいけないと言えるでしょう。