任意保険は何を保障してくれるの?

自賠責保険でカバーできない部分まで賠償してくれる

車の所有者には強制されている自賠責保険は、対人賠償保険で限度額も数千万円と低くなっています。交通事故は、他人に重傷を負わせたり死亡させたりすることが珍しくなく、多くの場合自賠責保険だけでは損害をカバーしきれません。任意保険に加入しておけば、対人賠償の上限が無制限となっているものが多く、賠償金が高額になっても心配ないでしょう。また、任意保険は対物賠償も上限が無制限とされている商品が多いので、物的損害を与えても賠償に困ることがありません。さらに、自分の車に同乗者がいて事故に巻き込まれ死傷した場合にも保証してくれる搭乗者傷害保険もあります。このように、強制加入の自賠責保険では賠償できない損害についても、任意保険は保証してくれるのです。

任意保険は自分の怪我や自車の損傷までカバーしてくれる

任意保険の1つである搭乗者傷害保険は、同乗者だけでなく運転者自身の死傷についても保険金が支払われます。事故の相手が無保険車でも、この保険に加入しておけば、自分の死傷について保険会社から保証してもらえるのです。また、自分の車が事故により故障などの損害を受けた場合、車両保険に入っていれば、損害賠償を受けられるでしょう。ただし、車両保険の保証額は年月の経過とともに低下していくため、新車以外は全損しても新たに同種の車を買えるほど保険金はもらえません。さらに、任意保険は、車外の事故までカバーする特約を付けることもできます。自転車走行中やスキーで滑降中に起こした事故であっても、日常事故賠償特約などの附帯があれば、保険金により賠償できるのです。