任意保険には入るべき?

任意保険に入らないと事故で人生が変わることもある

任意保険に入らないと事故を起こしたときにトラブルになる可能性が高いです。任意保険に入っていれば、事故を起こしても保険で損害場賞金をカバーできます。しかし、任意保険に入っていないと損害賠償請求を受けたときに自分の財産から支払うことになります。例えば、死亡事故を起こしたときに3000万円の請求をされたとして、支払いができる人は少ないでしょう。万が一事故を起こしたときに任意保険に入っていないと、財産を全て失うことにつながることも多いです、また、人身事故を起こして相手が植物状態になった場合には、入院費用を払い続けることもありえます。自動車事故は誰でも起こす可能性がありますので、事故を起こすことを前提に考えなければいけないのです。

できるだけ保険でカバーできるようにしておく

任意保険に入るなら、慎重に考える必要があります。例えば、対人の事故に対して制限をするのは自分を苦しめるかもしれません。無制限にしておけば、死亡事故を起こしたとしても支払いで困ることはないでしょう。どのような事故を起こすかを予想するのは難しいです。そのため、ある程度色々な事故をカバーできる保険に加入しておくことが大事です。対人・対物を無制限にしておけば、どこかにぶつけて損害賠償請求を受けてもほとんどの場合は保険でカバーでできます。さらに、最近では事故で訴訟になることもありますので、オプションで保険に弁護士特約を付けておくと安心できるでしょう。弁護士特約があると訴訟になっても弁護士費用を保険でカバーできるのです。